自毛植毛してふさふさの髪を取り戻したいです

東京って地方から見ると都会、ビルの街ってイメージが強いかもしれません。都内に住んでる人でもそう思ってる人が多いでしょう。
でも意外と緑があるんです。多摩地区じゃなく23区も意外と緑はあるんですよね。
ただ公園として人間が遊んだりくつろいだりしやすい環境が充実してるかというと、そこは差があります。
そんななかで意外と公園が充実してるのが江東区なんですよ。
木場公園、猿江公園、小松川公園、夢の島公園、若洲海浜公園、と大きな公園だらけです。この充実っぷりは他の区では類をみないです
江東区って東京湾に面した場所にあってほとんどすべての土地が埋め立て地です。
なんと古くは江戸時代に埋め立てがはじまっています。古い地図などをみると今と東京の作りが全く違うことに驚きます。
今の江東区や江戸川区の大半は海でした。結構古い地図見ると今の千葉側(東側)が下で多摩方面(西側)が上になっています。
下が海で上が山という構図を見ると一瞬横浜や神戸の地図?と思うのですが、実はいまの東東京の大半が海だったからこういう構図なんですね。
その後埋め立てられると海が南側だけになったんで、南北で上下という今の構図に変わるわけです。
江東区は埋め立てられるごとに面積が広くなった区です。
お台場の大半が江東区であることをご存知ですか?フジテレビが港区なんで港区っぽいイメージですが、実はお台場は江東区、港区、品川区にまたがっていてほとんど江東区なんです。
一番昔からあった亀戸付近以外は近年になって開発された場所で、木場、夢の島などはすべて埋め立て地です。
埋立地だからこそ自然を求めたのかもしれません。または公園にできる土地がたくさんあったからかもしれませんが、大規模な公園がたくさん作られました。
ちなみに木場公園は地下が地下鉄の車庫ともともとはゴミの埋め立て地だったんですね。
そんな事情で公園が多い江東区ですが、もとが埋立地ですから公園の作りが人工的です。
管理された自然というか元からあった自然を残した感じがしないところが江東区の魅力です。
あと江東区は思っているより都心に近いので通勤には便利です。そのため病院なども都心部の病院を利用できます。
通っている自毛植毛クリニックは銀座の方なんですが、江東区からだと10分ちょっとで通えます。
意外と江東区は便利なんですよ。

赤かったり白かったり黒かったり

自分自身若いつもりでいても、若くはないのですね。
2、3日前に天ぷらを食べに行きました。
昔は天ぷらが大好きで、よく食べていたのに
今となっては、数日経つと体にニキビが出来てしまうようになって
しまいました。

ニキビも様々で、一般的な赤いニキビだったり
白く膿んでいるようなニキビもあります、

白い方は、細い針を消毒して、白い部分に刺し
無理やり中の膿を取り出すことで、痛さのような
突っ張るような不快感をとることができますが
赤いニキビは放置しかできません。
服などにちょっと擦れても痛く感じる時があるので
ニキビのある期間は、我慢期間です。

赤みが引いた後は、濃い茶色のような黒っぽい跡が
出来ます。
これもまた普通のニキビ治療ではなかなか消えてくれません。
一つなまだしも、数個が一気に同じような位置に
出来てしまった場合は、がっかり倍層です。
何か簡単に出来る治療法みたいなのがあればいいのに

友人は全くニキビが出来ない体質のようです。
いつもツルツルの肌。何か対策をやっているのかと
尋ねても、特にこれと言って特別なことはしていないし
クレンジングや洗顔も適当なのだそうです。
やはり体質なのでしょうか?
友人をいつも羨ましく思います。

ファンデーションの色を変えてわかった事

暖かい季節になってきたので、髪型を変え、髪色も変えてみました。

その為か、愛用してきたファンデーションのトーンが暗く見え

肌がくすんだように見えるようになったので、ファンデーションの色を

思い切って3トーン明るいモノに変えてみました。

いざ使いだしてみると、目の下あたりだけ、色が濃くなっていました。

塗りムラかと思い、何度もスポンジでなじませたり、叩いたりしても消えません。

よく見てみると小さな薄目のシミ。

今までのファンデーションの色が濃かったのか、塗りすぎてしまっていたためか

全く気づきませんでした。

すぐにでもシミ治療 東京へ行きたくなるほどがっつりとあります。

メイクを落とした後の顔なんてしっかり見たことなかったし・・・。

仕方なく、また2トーン濃いモノに買い直し

しっかりテスターを使わないとダメですね。

シミに対しても気を付けることにしました。

いつかはまた、明るいトーンのファンデーションを使うためにも

まずは、このシミをなくさなければ!!!

せっかくなので、この際、化粧品を一層してみることにしました。

アイシャドウもアイブローもここ数年ずっと同じもの、同じ色だったので。

ショックではありましたが、いい機会だと思うようにしたいと思います。

確保

私は物心ついたときからニキビができやすい肌質なのか、生活習慣や精神的な変化がるとすぐに顔にニキビができてしまっていました。それがとてもコンプレックスで、隠すためにファンデーションを厚く塗ってしまったり、ニキビを隠すような髪型をしていたのですが本格的にニキビと向き合おうと決めてから色々と調べて実践してみることにしました。まずは食べ物です。元から油っこいものや甘いものが大好きだったのですが、それらはニキビの原因にもなると聞いたので、気を付けるように食べました。全く食べないとなるとストレスがかかってしまい悪化する恐れがありましたが、意識をするだけでも変化はありました。そして夜更かしをしないで、できるだけお肌のターンオーバーが活発に行われる10時から2時を意識し、早めの就寝を心がけお肌が再生できる時間を十分に確保するようにしました。そして私の中で一番つらかったのは髪型でした。顔に髪の毛がかかっていると髪についている汚れや埃が顔に付着しニキビができやすくなってしまうため顔に髪の毛がかからないような髪型をしたり結ぶようにはしていたのですが、最初の頃は友人と会話をしていてもニキビを見られているのではないかと思ってしまったり、やはり隠したくなる気持ちを我慢するのが大変でした。家では肌への負担を減らすために基本的にはすっぴんでいるようにし、普段もファンデーションは薄く塗るようにして毛穴が詰まらないように心がけました。また、洗顔も今まではオイルクレンジングをしていたのですが摩擦が気になったので石鹸をしっかり泡立てて肌にはなるべく触れないように洗顔していました。
ぬるま湯で流すときにも、洗顔料が残っていると毛穴がつまってニキビができやすくなってしまうため、髪の生え際や小鼻の際など入念に洗うようにしました。そしてこれまでは顔が脂っぽいので色々つけるとさらにベタつく気がしてシンプルなスキンケアをしていましたが、乾燥していることから肌が脂を過剰に分泌してしまうということを聞き保湿重視のものに切り替えましこれらのことを半年くらい毎日気長に続けていると以前とは見違えるほどニキビの量が減り、周りからも肌が綺麗になったと言われるようになりました。すぐに効果がでるものではありませんが、まずは原因を調べてコツコツ努力することが大切なんだとわかりました。

重力に打ち勝つ

いつまでもきれいな体でいる為にはどうしたら良いのでしょうか。
加齢や環境から来る、肌や体へのダメージを減らすには?

加齢=重力との闘いとも一部では言われています。確かに年と伴に内臓も下垂してきますし、顏の皮膚の胸もお尻のお肉も垂れてきます・・・。筋肉をつければという人は多いですが、固いお尻や固い胸だと、なんだか女性としては、違うなと自分自身でも思ってしまいます。となると整形?いえいえ整形も体をサイボーグ化するだけで、魅力なんてないと思います。知り合いにシリコンが入った胸を触らせてもらった事があるんですが、普通の柔らかい乳房の奥に不自然な固形の物体、しかも少し固いんですね・・・。たぶん男性に触られる度に、そのシリコンの胸を意識するなんて、なんだか本人の気持ちを考えたら悲しくなってしまいました。
会話もなく、明るく「こんな感じなんだぁ」とは言ったものの言葉が続きませんでした。何を言ってもその子を傷つけてしまうような気がしたんですね・・・・。

効果的なダイエット方法についてです

効果的なダイエット方法としては、脂肪燃焼を助けるようなサプリメントを積極的に服用するのが効果あります。そういったサプリメントのひとつとしてはカルニチンがあります。カルニチンは基本的にはアミノ酸の一種になんですが、運動前に服用することでより高い効果を得ることができます。カルニチンだけを服用しても効果は不十分なので、カルニチンダイエットをする場合には運動前に服用するようにするのが効果的になっています。カルニチンは体内にも存在するものになっていますが、必要量以上に生成されることがないので、サプリメントなどを活用して体内での量を増やすのです。

ダイエットには多くの方法があるのはわかっていますが、やはり運動と食事による対策がオススメになっています。食事に関しては炭水化物やカロリーの高いものの摂取を控えることになっています。運動前に服用することで高い効果の得られるカルニチンの購入にはインターネット通販サイトを活用するのが人気になっています。こういったカルニチン製剤の購入にはインターネット通販ショップで購入すると割安であったり、購入が容易なので便利です。インターネット通販ショップの利点は使ってみると癖になるようなものが多く、多くのニーズに合わせたシステムになっています。インターネットを利用した方が店頭で商品を購入するよりも安く買える可能性があるのでオススメになります。運動前に服用することで、脂肪の燃焼を非常に高めてくれるカルニチンは長期的に服用しても問題のない成分になっています。ダイエットのためには、食事を気をつけて、運動前にこういった脂肪燃焼を助けるサプリメントを服用するのが効果的だと思っています。こういったダイエットは短期的なダイエットではなく、できるだけ中長期でしっかり行なっていくのが理想的になっています。無理なダイエットよりは、こういった食事と脂肪燃焼を助けるサプリメントを服用してからの運動を基本としたダイエットがオススメですね。

豆乳ダイエットで簡単ダイエット

女性に効果的なダイエット方法として、豆乳ダイエットがあります。この方法は意外に有名なものになっているので、多くの人が実践しているかもしれないです。この豆乳ダイエットというものは、生理前に豆乳を摂取するだけで痩せれる可能性が高いものになっています。これは女性の体のメカニズムを利用したダイエット方法になっています。女性は生理前になると、母ホルモンであるプロゲステロンが増え、美人ホルモンのエストロゲンが減少します。母ホルモンは体内にエネルギーや栄養を蓄える作用があるので、生理中は体重が増える傾向にあります。そして、美人ホルモンはというと、老廃物や栄養を体外に非出を促進する作用があります。
そこで、生理前にエストロゲン作用に似た作用を有するものを摂取すれば、生理前のエストロゲン減少を防ぐことができます。そうすることで、無駄に体内にエネルギーや栄養を溜め込んで太ることを予防することができます。生理前から生理中による溜め込み作用を防ぐことでダイエット効果を得るというのこのダイエット法になります。

なぜ豆乳が良いのかというと、豆乳にはエストロゲン作用に似たイソフラボンが豊富に含まれています。そして、健康にも良いのでどうせなら豆乳などを活用するのがオススメになっているのです。こういった豆乳他のイソフラボン配合の商品はインターネット通販ショップを活用すれば手っ取り早く購入することが可能です。手間を省くためにもこういったシステムを積極的に活用するのが便利でオススメになっています。

インターネット通販ショップの利点は使ってみると癖になるようなものが多く、多くのニーズに合わせたシステムになっています。通常のダイエットに加えてこういった体のメカニズムを利用したダイエット方法も積極的に試してみるのもオススメですね。

苦しくない方法で痩せたくて、ホットヨガにいってみました。

男性だって体型については気にしているでしょうけど、女性はもっと気になりますよね。特にお腹まわりのぜい肉とか、太もものセルライトとか。気にしているために食事内容や量を考えて食べたり、運動をして痩せようとしているわけです。ところが、なかなか結果が出るものではないですね。っていうか、やってもやっても以前と変わらないっていうことのほうが多い気がします。しょせん、現状維持が精いっぱいってことなのかしら。痩せたいのに、せつない話です。

 最近、なにかこれまでに試したことがないダイエットに挑戦してみようと思い、ホットヨガを始めました。普通のヨガのクラスには行ったことがあるんですが、ホットヨガは別だと聞いたので。友達が通っているヨガスタジオで体験ができるというので、いってみました。興味はものすごいありましたからね。

 最初にスタジオに申し込みの電話した時、持ち物の説明があったんです。そこで「最低でも1.5リットルは水分を持ってきてくださいね」と言われました。1.5リットル?でかいほうのペットボトルのサイズですよ。思わず確認してしまいました。まさか1.5リットルとはと思いながら体験にいって、納得しました。要ります。もう途中から汗がダラダラ流れてきて、ミネラルウォーターがどんどん体に入っていくんです。クラスに来ている人は、2リットルサイズを持っていました。それでもよかったかも。

 終わると体がぽかぽかしました。スタジオ内も温かいし、ヨガで体をじっくり動かしているので相乗効果ですね。スタジオを出ても、しばらくは汗が止まりませんでした。スゴイ、これは痩せるかもと思いましたね。そのまま入会して、続けています。もう4か月ほどになりますが、体重としては2キロ減りました。1か月0.5キロペースですけど一応痩せてきているわけだし、体調がよくなっているのでこのまま続けると思います。ホットヨガでは急激に痩せるというより、新陳代謝がグッとアガるのでゆっくり痩せていくという感じです。冷え症はあきらかによくなりましたし、肩こりにも効果があると思います。

ダイエットと食欲の付き合い方

私がダイエットのために心がけていることは、少ないカロリーでも上手く満腹感を得るようにすることです。ダイエットは食欲と上手く付き合うことが大切だと感じているので、摂取するカロリーが消費するカロリーを上回らないようにするためには、食べる内容や栄養に気を配る必要が求められます。私がいつもダイエット中の食事で意識していることは、野菜を取り入れることです。

牛丼のようにただ主食を摂るのではなく、野菜の入ったお味噌汁があったり、野菜を使ったサラダがあれば、少ないカロリーでも満腹感がアップするので、主食を食べ過ぎなくても済むようになります。ダイエット中の食事や小腹がすいたときには、スープや味噌汁などの汁物があると安心です。温かい物をじっくり時間をかけて飲むとカロリーの割に満足感があるので、食べ過ぎを防ぐことが出来るからです。

また、食事を食べる際にはごはんから食べ始めるのではなく、副菜や汁物から食べ始めると、胃がもたれにくいですしダイエットに適しているそうなので、いつもレストランへ行くとサラダから食べ始めます。食事の前にキャベツの生の千切りサラダを食べるというダイエット方法もあるように、野菜から食べ始めるとカロリーの高い主食のご飯やパスタの量を減らしたとしても、空腹を感じ辛くなります。ダイエット中は空腹との闘いになることも多いですが、どうしてもお腹が空いたときには低カロリーな栄養補助食品を活用したり、酢昆布のように低カロリーなおやつを活用していました。それに加え、ダイエットは食べないだけではなく運動やサプリメントを取り入れると、一気に効率が良くなります。

ダイエット中はどうしても食事の量が低下するにつれて栄養が不足しがちになるので、ビタミンやミネラルのサプリメントを取り入れたり、食物繊維を豊富に取り入れると安心です。ダイエットは便秘になりがちですが、低カロリーなデザートとして知られるヨーグルトを取り入れると便通が良くなることを実感しました。ヨーグルトは朝食としても健康的ですし、ケーキやプリンやまんじゅうなどのデザートと比べるとかなり低カロリーなので、ダイエット向けの食材です。